事務局からのお知らせ(総支部ニュース)

シングルマザー の支援施設「WACCA」を訪問

事務局2014.01.23
 
シングルマザー の支援施設「WACCA」を訪問

1月19日(日)、DV被害の方のシェルター運営などに携わって来られたNPO法人ウィメンズネット・こうべ代表理事の正井さんが中心となって、シングルマザーの支援施設として昨年秋にオープンした「WACCA」を訪問し、NPOの取り組みや、DV被害者の方々の実情をヒヤリングしました。
「WACCA」は、シェルターを出てからの支援が手薄であることから、相談と就労支援を兼ねた施設となっています。チャリティの古着屋さんと連携して、アイロンがけなどを受け持つ代わりに売り上げの一部を補助してもらうという先進的な取り組みも行われています。京都からも市議が参加され、話しにくい中体験談も伺い、シェルターを出てからも本当に孤立してしまう方々にとって、貴重な施設であることを実感いたしました。

 

在日本大韓民国民団との政策懇談会

事務局2013.12.09
 
在日本大韓民国民団との政策懇談会

12月7日(土)、在日本大韓民国民団兵庫県本部と民主党兵庫県連の政策懇談会が神戸市内の会場で行われました。
大韓民国民団からは、在留管理制度の改正やヘイトスピーチの対策など、国・県・市への各種要望についての説明があり、県連所属の各級議員との活発な意見交換がなされました。

 

兵庫県「新しい公共支援事業」についての自治体議員団会議研修会

事務局2013.12.09
 
兵庫県「新しい公共支援事業」についての自治体議員団会議研修会

2013年12月7日(土)神戸市内にて、兵庫県における「新しい公共支援事業」についての研修会を開催しました。
兵庫県企画県民部県民文化局協働推進室・木村紀雄室長と、認定特定非営利活動法人の2団体、宝塚NPOセンター(宝塚市)・中山光子 理事兼事務局長とコムサロン21(姫路市)・理事長 前川裕司理事長にもお越し頂き、地域におけるNPO支援の状況等について講演と事例報告、意見交換を行いました。両団体からは、中間支援組織として、新たなNPO法人設立支援や、郡部でのNPOカフェや相談会の開催など、地縁団体とも連携してのパワフルな活動の様子を聞きました。
兵庫県において、寄付文化を根付かせ、新しい公共としての役割を担うことが期待され、また、国・行政の継続的支援の必要が強く求められます。

兵庫県「新しい公共支援事業」についての自治体議員団会議研修会

<講演>
兵庫県企画県民部
県民文化局協働推進室
木村紀雄 室長

兵庫県「新しい公共支援事業」についての自治体議員団会議研修会

<事例報告>
認定特定非営利活動法人
宝塚NPOセンター
中山光子 理事兼事務局長

認定特定非営利活動法人
コムサロン21
前川裕司 理事長

 
このページの先頭へ

Copyright © 2008 The Democratic Party of Japan.,Hyogo All Rights reserved.