事務局からのお知らせ(総支部ニュース)

兵庫県連自治体議員団県下横断大型街宣

事務局2013.06.03
 
兵庫県連自治体議員団県下横断大型街宣

2013年6月1日(土)・2日(日)、県連自治体議員団が中心となり、県中南部を東西へ横断する大型街宣を実施しました。
1日目は川原田弘子男女共同参画委員会委員長、掛水すみえ自治体議員団会議議長をはじめ女性議員団による女性キャラバン隊が県東部を中心に県下の随所で街頭演説を行いました。

兵庫県連自治体議員団県下横断大型街宣

2日目は青年委員会所属の若手議員を含む各級議員・総支部長が県西部を中心に街頭演説を実施しました。
姫路市・リバーシティー前での街頭演説には元外務大臣の松本剛明衆議院議員も駆けつけ、県会・市会議員団とともに支持を訴えました。

 

民主党兵庫県連「ネット選挙学習会」

事務局2013.05.28
 
民主党兵庫県連「ネット選挙学習会」

2013年5月26日(日)神戸市内にて、民主党兵庫県連「ネット選挙学習会」を開催しました。議員在職中、ネット選挙解禁事務局長としてネット選挙解禁の中心的役割も務めた石井登志郎 前衆議院議員を講師に迎え、県内の党所属議員が参加し、今般のネット選挙解禁に関する公職選挙法改正の詳細、コンプライアンス等について、研修を行いました。

 

シンポジウム ~男性も女性も働きやすい社会を!~ 「子どもが病気になった時、どうしていますか?」のご案内

事務局2013.05.25
 

皆さんは、子どもさんが病気になった時、手伝ってくれる・手を差し伸べてくれる誰かはいますか?仕事をお持ちでない方でも、両方の実家が遠いご家庭では、困ってしまった経験はありませんか?お仕事をお持ちの場合は、どちらが休暇を取って迎えにいけるか、お母さんにお願いしようか、決断を迫られます。また、おひとりで生計を立て、子育てされている場合は、仕事を休んで職を失ってしまう可能性さえあります。
兵庫県下の医療機関対応型病児保育施設は19か所、オープン型の病後児対応の施設は21か所です。公的設備はまだまだ十分とはいえない状況の中、東京圏や大阪では、共済型の病児保育のNPOも立ち上げられ、活動されています。
こうした背景の下、病児保育NPOノーベル代表の高さんの講演のほか、関連する様々な団体の方々によるパネルディスカッションを企画しました。
当日は、託児ルームを設けていますので、参加申し込み時に連絡ください。
皆さんのご参加をお待ちしております。

※お申込み・お問い合わせは民主党兵庫県連(メール:info@dpjhyogo.jp)まで。

<日時>
平成25年6月15日(土) 14:00~16:00
<場所>
「ラッセホール」2F ローズサルーン JR元町駅徒歩10分
神戸市中央区中山手通4-10-8
<内容>
(1)講演「子どもが病気になった時、どうしていますか?」

  • 講師 病児保育NPO法人ノーベル代表 高 亜希氏

(2)パネルディスカッション
  • 兵庫県医師会 男女共同参画委員会
  • NPOノーベル代表 高 亜希氏
  • 兵庫県健康福祉部こども局
  • 神戸市こども家庭局
  • 連合兵庫 女性委員会
  • 民主党兵庫県連男女共同参画委員会

(3)質疑応答

 
このページの先頭へ

Copyright © 2008 The Democratic Party of Japan.,Hyogo All Rights reserved.