事務局からのお知らせ(総支部ニュース)

ゴールデンウィーク「党員・サポーター募集」全県キャラバン街宣

事務局2013.05.08
 
ゴールデンウィーク「党員・サポーター募集」全県キャラバン街宣

2013年5月3日(金)~5日(日)の3日間、つじ泰弘参議院議員を筆頭に各地域の民主党所属議員が宣伝車に乗り込んで県下全域をめぐり、党員・サポーターへの登録を呼びかける全県キャラバン街宣を実施しました。

 

「第84回兵庫県中央メーデー」激励行動

事務局2013.05.02
 
「第84回兵庫県中央メーデー」激励行動

2013年5月1日(水)、つじ泰弘参議院議員をはじめ民主党所属国会議員・地方議員が「第84回兵庫県中央メーデー」に参加しました。開会前には、湊川公園から会場の大倉山公園までデモ行進をされたメーデー参加者の皆様に対し、マイクを握り激励行動を行いました。

「第84回兵庫県中央メーデー」激励行動
 

伊丹市長選挙・宝塚市長選挙(2013年4月14日投開票)結果報告

事務局2013.05.02
 

伊丹市長選挙は、3期目を目指す現職の藤原保幸市長(民主等推薦)の他、自民系市
議であった維新公認候補(みんな推薦)、元市部長(無所属)、共産党推薦候補の4
名で争われました。自民系地方議員が3つに割れたことから難しい選挙戦となりまし
たが、結果は藤原市長が維新候補をトリプルスコアで破りました。
勝因は、職員定数・給与削減等の行財政改革や市立病院の黒字化、小中学校校舎の
耐震化100%達成、待機児童ゼロ等の2期8年の実績を訴えつつ、維新が争点化を避け
る伊丹空港問題を取り上げて空港活性化を訴えたことが挙げられます。
逆に維新の敗因は、夏の参院選・兵庫県知事選の前哨戦という党利党略だけで伊丹
市政についての争点がなかったこと、大阪府内では多くの地方議員を抱える等基礎票
があるものの兵庫県内では地盤がなく「橋下徹」による浮動票だのみであったことが
考えられます。
また、同時に執行された伊丹市議補選では民主系候補が当選したことから、市議会
で最大会派となりました。

宝塚市長選挙は、市議であった日本維新の会公認候補と元市部長の自民党推薦候
補、さらに、汚職で逮捕された元市長(元自民)も立候補するという状況でした。
民主党は現職中川智子市長を支持し、ぞくぞくと乗り込んで来る維新や自民の大物
議員と対決しました。特に維新の会候補は自身の名前より「橋下徹」を前面に押し出
す展開でした。
しかし「宝塚を大阪都にする」という上から目線の橋下主義に、宝塚市民はNO.
を突き付けました。
結果は、一人ひとりの想いに寄り添う市民主体の政治をめざす現職市長(民主支
持)が、維新公認と自民推薦に対して圧勝。教育の充実や子育て支援策、医療費の負
担減、地域文化の発展策等が評価されたのだと思います。

 
このページの先頭へ

Copyright © 2008 The Democratic Party of Japan.,Hyogo All Rights reserved.