事務局からのお知らせ(総支部ニュース)

伊丹市長選挙・宝塚市長選挙(2013年4月14日投開票)結果報告

事務局2013.05.02
 

伊丹市長選挙は、3期目を目指す現職の藤原保幸市長(民主等推薦)の他、自民系市
議であった維新公認候補(みんな推薦)、元市部長(無所属)、共産党推薦候補の4
名で争われました。自民系地方議員が3つに割れたことから難しい選挙戦となりまし
たが、結果は藤原市長が維新候補をトリプルスコアで破りました。
勝因は、職員定数・給与削減等の行財政改革や市立病院の黒字化、小中学校校舎の
耐震化100%達成、待機児童ゼロ等の2期8年の実績を訴えつつ、維新が争点化を避け
る伊丹空港問題を取り上げて空港活性化を訴えたことが挙げられます。
逆に維新の敗因は、夏の参院選・兵庫県知事選の前哨戦という党利党略だけで伊丹
市政についての争点がなかったこと、大阪府内では多くの地方議員を抱える等基礎票
があるものの兵庫県内では地盤がなく「橋下徹」による浮動票だのみであったことが
考えられます。
また、同時に執行された伊丹市議補選では民主系候補が当選したことから、市議会
で最大会派となりました。

宝塚市長選挙は、市議であった日本維新の会公認候補と元市部長の自民党推薦候
補、さらに、汚職で逮捕された元市長(元自民)も立候補するという状況でした。
民主党は現職中川智子市長を支持し、ぞくぞくと乗り込んで来る維新や自民の大物
議員と対決しました。特に維新の会候補は自身の名前より「橋下徹」を前面に押し出
す展開でした。
しかし「宝塚を大阪都にする」という上から目線の橋下主義に、宝塚市民はNO.
を突き付けました。
結果は、一人ひとりの想いに寄り添う市民主体の政治をめざす現職市長(民主支
持)が、維新公認と自民推薦に対して圧勝。教育の充実や子育て支援策、医療費の負
担減、地域文化の発展策等が評価されたのだと思います。

 

兵庫県知事選挙 井戸敏三氏「推薦」決定

事務局2013.04.11
 
兵庫県知事選挙 井戸敏三氏「推薦」決定

今年7月に任期満了となる兵庫県の知事選挙について、民主党兵庫県連は4月7日(日)、現知事・井戸敏三氏の「推薦」を決定しました。

 

淡路市長選挙 門康彦氏「推薦」・伊丹市長選挙 藤原保幸氏「推薦」・宝塚市長選挙 中川智子氏「支持」決定

事務局2013.03.29
 

民主党兵庫県連は3月2日(土)の常任幹事会にて、4月14日(日)告示・21日(日)投開票の淡路市長選挙に、行財政改革や教育・福祉・地域産業の推進など、2期にわたる市政運営の実績・政策を評価し、前回に引き続き、現市長 門康彦氏の推薦を決定しました。

4月7日(日)告示・4月14日(日)投開票の伊丹市長選挙では、現市長 藤原保幸氏の2期にわたる市政運営と市民生活向上への取り組みなどの実績・政策を評価し、3月8日の常任幹事会にて、前回に引き続き推薦を決定いたしました。

同じく4月7日(日)告示・4月14日(日)投開票の宝塚市長選挙では、過去2代にわたる元・前市長による「政治とカネ」の不祥事に終止符を打ち、市民の思いを大切にしている市民本位の清潔な政治姿勢を評価し、3月28日の常任幹事会にて、現市長 中川智子氏の支持を決定しました。

<門康彦氏 経歴>
1946年生まれ
兵庫県立津名高等学校・関西大学文学部を卒業
2001年 兵庫県淡路県民局長
2003年 兵庫県代表監査委員
2005年 淡路市長(1期目)
2009年 淡路市長(2期目)

<藤原保幸氏 経歴>
1954年 伊丹市生まれ
伊丹小学校卒業・灘中学校・灘高等学校卒業・東京大学卒業
1977年 建設省入省
1989年 千葉県都市部建築指導課長
1994年 兵庫県都市住宅部住宅建設課長
2000年 国土交通省住宅局住環境整備室長
2002年 伊丹市助役就任
2005年 伊丹市長(1期目)
2009年 伊丹市長(2期目)

<中川智子氏 経歴>
鶴見女子短期大学国文科卒業
1981年 育児教室キンダールーム設立
1985年 宝塚市学校給食を考える会設立
1996年 衆議院議員
2000年 衆議院議員
2001年 NPO法人日本介助犬アカデミー顧問
2009年 宝塚市長

 
このページの先頭へ

Copyright © 2008 The Democratic Party of Japan.,Hyogo All Rights reserved.