事務局からのお知らせ(総支部ニュース)

自治体議員団会議 他県連との意見交換

事務局2012.09.03
 
自治体議員団会議 他県連との意見交換

2012年8月27日(月)、自治体議員団会議代表団(掛水すみえ議長・嶋田克興副議長・崎元祐治事務局長)が長野県連を訪問し、意見交換を行いました。
掛水議長、嶋田副議長から兵庫県連の取り組みを報告した後に長野県連の服部昭 事務局長から長野県連の取り組みをお聞きしました。
長野県は、県会議員が7名、市会議員が25名でそれぞれの総支部単位でフォーラムを推進していて、北信越で広域の取り組みをされているそうです。
今回の訪問を機に双方で更なる交流を推進していくことを約束し、今回初となる長野県連との意見交換を終えました。

自治体議員団会議 他県連との意見交換

引き続き、28日は、奈良県連を訪問し、関西広域連合に加盟していない事情などをお聞きしました。県議会では特別委員会を新設し、関西広域連合について二年間かけて議論していくことになっているとの説明を頂きました。2年後には、一定の結論が出るのではないかと思います。
また、今年の11月15日には、近畿ブロックの自治体議員団会議が神戸で開催されるので、同じ近畿の県連同士その時にお会いしましょうと約束し、意見交換を締めくくりました。

 

民主党兵庫県連 団体予算要望懇談会開催

事務局2012.09.03
 
民主党兵庫県連 団体予算要望懇談会開催

兵庫県連は7月28日と8月25日、団体予算要望懇談会を開催しました。
県連政策会議主催で定期的に開催している政策懇談会に加え、県下の各種団体に積極的に参加を呼びかける形で企業・団体委員会が中心となって予算要望懇談会を企画・実施。参加団体は県トラック協会、医師連盟、社会保険労務士政治連盟、宅地建物取引業協会、生活衛生同業組合連絡協議会、歯科医師連盟、精神福祉家族会連合会、難病団体連絡協議会、腎友会。民主党から各級議員約30名が出席しました。
予算措置・制度設計等の要望とともに活発な意見交換が行われ、有意義な懇談会となりました。

 

第16回 政策懇談会

事務局2012.07.17
 
第16回 政策懇談会

7月14日(土)神戸市教育会館にて、第16回 政策懇談会を開催しました。今回、民主党兵庫県連からは辻 泰弘 厚生労働副大臣をはじめ、国会議員・自治体議員約20名が出席。
全国健康保険協会兵庫支部、社団法人 瀬戸内海環境保全協会、兵庫県専修学校各種学校連合会の3団体から政策要望・提案を頂き、意見交換を行いました。

第16回 政策懇談会

中小企業の従業員らが加入する全国健康保険協会兵庫支部からは、財政悪化などの影響で保険料率が3年連続で上昇している現状を受け、協会への国庫補助金の引き上げと、高齢者医療制度の見直しについての要望がありました。
瀬戸内海環境保全協会からは、瀬戸内海をとりまく現状、環境を守る取り組みの推進やその課題について提案・説明を頂きました。

第16回 政策懇談会

高等専修学校や専門学校でつくる県専修学校各種学校連合会からは、2010年度からの高校無償化に伴い専修学校が就学支援金制度の対象になったことなど、教育分野での民主党政権の成果を評価頂いた上で、さらなる公的支援の充実について要望がありました。

 
このページの先頭へ

Copyright © 2008 The Democratic Party of Japan.,Hyogo All Rights reserved.