事務局からのお知らせ(総支部ニュース)

兵庫県連東日本大震災対策支援本部 現地調査(2)

事務局2011.08.03
 
兵庫県連東日本大震災対策支援本部 現地調査(2)

名取市立閖上ゆりあげ小学校の体育館内には、流されていた写真やアルバムが展示されていました。それぞれのアルバムの上には、探しやすいように持ち主と思われる方の写真が置かれていました。

兵庫県連東日本大震災対策支援本部 現地調査(2)

ボランティアの新井さんたちからは「1枚1枚写真を水で洗ってきれいにする作業に時間がかかります。人手がいくらあっても足りません。」と切実な訴えがありました。藤井総合責任者は「心に残る想い出は絶対大切にする必要がありますね。ぜひ、ボランティアを派遣しましょう。」と。

 

兵庫県連東日本大震災対策支援本部 現地調査(1)

事務局2011.08.03
 

2011年7月28日から29日、藤井震災対策支援本部総責任者、横畑同本部事務局長、栗山同本部幹事をはじめ各総支部の代表を含め10名で、今後の被災地支援のため宮城県と福島県に調査に行きました。短期間で各地を訪問するハードスケジュールでしたが、被災状況や復旧の経過など現場のお話を伺うことができた有意義な時間でした。

兵庫県連東日本大震災対策支援本部 現地調査(1)

関西広域連合・兵庫県から宮城県北部沿岸市町に派遣されて活動されている佐藤さんらから、石巻市・東松島市・女川町の被害状況や災害に強いまちづくり案について伺いました。仮設住宅ができる7月末を目処に「自立に向けての支援に切り替える」とのことでした。

兵庫県連東日本大震災対策支援本部 現地調査(1)

庁舎が流されて仮庁舎となっているベイサイドアリーナで、兵庫県から9ヶ月間の長期で活動予定の松浦純さん,竹田さんから、南三陸町の復旧・復興の経過について伺いました。本来は、まちづくり計画の担当でしたが、緊急課題である仮設住宅建設を担当されているとのことでした。

 

第10回 政策懇談会

事務局2011.06.07
 
第10回 政策懇談会

2011年6月4日(土)13時より公益財団法人どうぶつ基金と生活クラブ生活協同組合都市生協の2団体をお招きし、ラッセホールにて第10回目の政策懇談会を開催しました。

第10回 政策懇談会

どうぶつ基金は国内唯一の公益認可を受けている動物愛護団体として、「犬や猫の『殺処分ゼロ』」を訴え、自治体や業界団体の問題を指摘。特に、ブリーダーやペットショップにおける飼育環境の問題と、“虐待”の定義が明確でないがゆえに環境省が指導・処罰できない現状をあげ、ドイツの例を参考に生育・飼育条件の数値化を求められました。また、「保護」の名目で"殺処分"が当然のごとくまかり通る自治体の姿勢に対しても、データを
上げて理解を求められました。

続く、生活クラブ生活協同組合都市生協は組合員による共同購入のシステムを運営する中から「容器包装リサイクル法」後の新たな視点として、資源を再生するのではなく、ゴミそのものを減らし(リデュース)再利用する(リユース)ことの重要性を取り上げられました。現在、自治体負担となっている回収・再生費を事業者負担とし、製品価格への反映を消費者が受け入れることも必要としながらも法制化を要望されました。また、教員経験をお持ちの市議が給食のビン牛乳の取り扱い等、子供の頃からの体験教育の重要性が言及されるなど、注目の集まる議論となりました。

 
このページの先頭へ

Copyright © 2008 The Democratic Party of Japan.,Hyogo All Rights reserved.