事務局からのお知らせ(総支部ニュース)

兵庫県腎友会との政策懇談会

事務局2008.08.06
 
兵庫県腎友会との政策懇談会

来たるべき衆議院選挙に向けて、幅広い団体との交流を図るべく取り組んでいる民主党兵庫県連の団体交流委員会は、8月2日(土)県連会議室において“NPO法人兵庫県腎友会”との政策懇談会を開催しました。
民主党側は辻代表をはじめ各候補者や県・市議が、腎友会側は小泉会長をはじめ県下各ブロックの責任者が参加し、双方の代表の挨拶の後、中央の副会長でもある県腎友会常務理事の宮本事務局長から、県・国等に対する要望項目の説明を受けました。
その後意見交換に入り、予定の一時間半があっという間に過ぎました。
今後も各地域においても双方が連携を取り合うことを確認しあいました。

 

兵庫県衆議院総合選挙対策委員会 結成総会

事務局2008.07.24
 
兵庫県衆議院総合選挙対策委員会 結成総会

民主党兵庫県連は、来たるべき衆議院選挙に勝ち抜くため、7月19日(土)に神戸市教育会館で、連合兵庫や高退連、各候補者後援会など300名が参加して“総合選対結成総会”を開きました。
辻泰弘県連代表や森本洋平連合兵庫会長のあいさつの後、党本部から駆けつけた赤松広隆選対委員長が「衆議院解散は年末か、年明けの通常国会冒頭にある可能性が強い。兵庫の12選挙区で半数以上の議席を獲得しなければ、政権交代はない」と檄を飛ばした。
黒田一美県連選対委員長からの報告と協議事項を満場一致で了承した後、各候補者が力強く決意表明した。
最後に、岸田章子 解同県連副委員長の“団結ガンバロー”で勝利を誓い合いました。

 

障害者自立支援法の改正に向けた県内各政党間シンポジウム

事務局2008.07.14
 
障害者自立支援法の改正に向けた県内各政党間シンポジウム

2006年に施行された、障害者自立支援法が改正されようとしている今、各政党から改正の施策・意見表明を聞き、参加者とのディスカッションもする“ひょうご地域福祉政策研究集会”主催の『将来を語る研究集会』が7月12日(土)に、神戸市中央区の神戸市教育会館で開かれました。
民主党からは、辻 泰弘兵庫県連代表が参加し、共産、社民の代表と協調できる部分は協調し、問題点の改善のため取り組むことを強調しました。
なお、自民、公明の与党は欠席しました。

 
このページの先頭へ

Copyright © 2008 The Democratic Party of Japan.,Hyogo All Rights reserved.